学生の時、静岡県内から埼玉県内まで往き三間の新幹

学生の時、静岡県内から埼玉県内まで往き三間の新幹線通学を通していました。
当時新幹線で通学してるお客は学年で両者いましたが、その輩よりも遠くの駅舎だったのでだいたい、学年でトップ通学に時間をかけていました。
昼前の方面は9中旅立ちだったので、ほとんど毎日新幹線の始発に乗って今日さた。
新幹線の駅舎に行くまで私鉄を利用し、新幹線、山手線、私鉄入れ換え2回、再び湯船としていたので一年中小見物ものの内心でした。
私の取り得は、往き三間詰まり往復六間JRの中で過ごしていたのですが、乗り過ごしを一回もしてことがなかったのです。
JRの中で居眠りしてもどうしてもし立ち去る駅舎で目が覚めていました。
潜在的に瞳が覚めたのだと思います。
また、通学に時間をかけていたのに、部活という群れをかけもちしていました。
こういうライフを一年間続けていました。
憧れのユニバーシティに入れた嬉しさって、新幹線通学やる優越第六感、まだ18才という若かったのでできたんだと思います。
今では相応しいメモリーだ。ライザップ越えの24/7ワークアウト